MCドクターズネット

MCドクターズネット

◆医師が働き方を選ぶ時代 ドクターの世界とは、従来は男性社会でしたが、今後は“医師の3人に1人が女性医師になる”とされています。

男性に比べ、女性は体力的に厳しいことから、当直などの体力勝負の業務は難しい面がありますが、最近は乳腺外科医の28歳の女性医師がクローズアップされるなど、躍進目覚ましいものがあります。

医療が活気づくには、医師自身に適したライフスタイルでの働き方が条件の一つであり、ここが転職エージェントサイト、人材紹介会社の出番と言えます。
当直・オンコールなし、週2〜3日勤務可。
「これなら、できそう」

という案件が多数ラインナップされています。
「復帰までフォロ―アップしてくれる病院がないかしら?」

結婚・出産によるブランクも相談にのってもらえます。
最近の医療機関では女性医師のみならず、男性医師に対しても復職までの研修体制を配慮している病院が増えてきています。

選ばれるのではなく、これからはドクターが働き方を選ぶ時代――MCドクターズネットは宣言します。

MCドクターズネットの口コミ

◆内科医・男性医師(36歳)◆外科医からの転科です。転科をするためにも、研修体制が整っていて、年収が下がらない病院へ行きたいと思いました。救急にいて、スキルは確かに高まりましたが、もっと深いことがしたいとずっと悩んできました。「先生、ありがとうございます。お陰で助かりました」患者さんの感謝と笑顔が、ドクターを続けられるエナジーです。転科までの間に、非常勤やスポットなどを紹介してもらい、現場を踏むことができました。

◆脳神経外科医・男性医師(32歳)◆整形外科医から脳神経外科に転身しました。脳神経外科から整形外科への転身はよくあるケースですが、私の場合は珍しいケースだと思います。整形外科に関わる間に、脳や神経が身体に及ぼす作用が気になり、一から勉強したいと感じるようになりました。転職を成功させるためにも、スポットや非常勤で繋ぎました。諦めかけていた時に、丁度希望通りの案件が見つかり、紹介してもらいました。気を引き締めて研修から入っています。

◆心療内科医・男性医師(45歳)◆病院の方針が変わり、心療内科が縮小されたため、心療内科を常設している機関を探しました。開業も考えたのですが、どうもサラリーマン気質で、マネジメントには向いていませんでした。スポットや非常勤で内科に入りながら、チャンスをうかがっていました。すると、ある病院の心療内科の先生が退職されるので、空きが出たという話です。採用になり、3ヶ月後には新しい病院へ移ります。今は引き継ぎのための業務に追われていますね。







▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師アルバイト求人.net 【※効率的に希望のバイトが見つかる】 All Rights Reserved.