スマイルドクター

スマイルドクター

◆マンパワーをチャージ

都市部は先生が飽和状態なのに、それ以外の地域では先生が不足している。

“医師偏在”は厳然たる事実です。
「午前だけでいいから、先生が欲しい」
ある医療機関が希望すれば、
「午前だけなら働けます」
という先生がいます。

先生と医療機関は要望しているけれども、そのままでは両者がマッチングすることはございません。
そのために、人材紹介会社が存在しています。

今では、30歳以下の先生の卵は女性が増えてきているという話です。
男性のイメージが強いドクターの世界ですが、女性の先生が増えることで医療業界に対するイメージが変わるかもしれません。
「もうブランクを気にしなくても良くなった!」

復職へのフォローも考慮される機関が増え、徐々にではありますが、女性ドクターに優しい社会となってきました。
一般企業においても女性の力が会社に活気を与えるように、医療業界においてもマンパワーがチャージされるでしょう。

先生たちのマンパワーをアシスト――スマイルドクターは宣言しています。

スマイルドクターの口コミ

◆眼科医・女性医師(37歳)◆復職がスムーズにいくように、常勤時代にたくさんの症例と手術を診てきました。お陰さまで、結婚・出産でブランクがあっても、都内の激戦地区のクリニックで非常勤採用となりました。若い人たちがレ―シックに関心を抱いていることから、手術をさせていただいています。眼科はレ―シックだけでなく、コンタクト処方など色々案件にも恵まれているので、頑張っておいて本当に良かったです。何と言っても手術の回数が物を言いますね。

◆麻酔科医・女性医師(35歳)◆麻酔科医が全国的に不足していることから、外科医から転科しました。元々、縁の下の力持ち的なことが好きだったし、向いているかもと思ったのです。それで、まずは非常勤扱いでトレーニングの流れに乗れる医療機関を探していただきました。すると案件がすごく多くて!ですので、一番良い条件を出してくれた総合病院を選びました。外科医時代と比べて、年収は300万円上がりましたね。チャレンジして本当に良かったです。

◆呼吸器内科・男性医師(38歳)◆元は一般内科医でした。以前、重篤な喘息患者さんが夜間救急で搬送されてきたので、応急に当たりましたが、当時の私はまだ新米で、手に負えませんでした。すると、最終的には呼吸器内科の先生が出てきて、処置に当たって収まったわけです。この時、「もっと自分がプロフェッショナルなら」と痛感しましたね。あの時の悔しい経験があったからこそ、今の私があります。そして、ここまで来るのに、スマイルさんにはお世話になり、感謝しています。







▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師アルバイト求人.net 【※効率的に希望のバイトが見つかる】 All Rights Reserved.